バカラの「絞り」のやり方とパターンを解説します。

バカラ攻略ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • >オンラインカジノ比較ナビ

バカラの絞り(しぼり)とそのやり方 解説

絞り(しぼり)とは、バカラで配られたカードをジワジワとめくりながら確認する行為を指します(スクイーズとも呼ばれる)。その引っ張りや、周囲からの注目を楽しむのが特徴となっています。他のプレイヤーを意識する楽しみがあると言う点で、罫線の楽しみ方とは大きく異なります。

絞り(しぼり)とそのやり方

実際のカジノと感覚は少し違いますが、オンラインカジノでも「VIP」の席であれば、周囲を意識しながら絞りを楽しむ事が出来ます。

そのテーブル内で、最高金額をベットした人に絞りの権限が与えられるシステムとなっているため、絞りを楽しみたいがために高額ベットする人も少なくありません。バカラで大金が動く理由の一つがこれです。

1.絞りの基本

バカラで絞りと言えば、まず最初に縦向きにめくります。

絞り(しぼり)とそのやり方

両端にある数字の部分が見えないように、親指で隠してめくります。つまり、数字以外の部分で何のカードなのかを見て行きます。

カードの一部分がちょうど見える位置までめくるのですが、この時にマークが2つ見えた場合には「足あり」と言います。それ以外であれば「足なし」です。

この部分を参考して「何のカードが来るのか?」と、ドキドキしながら見守ります。

縦に絞った際の見え方で、それぞれどのカードが候補に挙がるのかが決定し、何らかのマークが見えた際には更に横側から絞ります。

▲トップへ戻る

2.縦の絞り方と見え方のパターン

縦に絞った際の見え方は4パターンあり、それぞれに候補となるカードが決まっています。

絞り(しぼり)とそのやり方

絵柄が出たパターンと、何も見えなかったパターンであれば、すぐにその場でカード(数字)が判明します。

マークが1つのパターンの場合には、真ん中にマークがあるか否かを見て、2・3のどちらであるかを確かめます。

もし、マークが2つのパターンであれば、次は横向きにめくる事になります。

▲トップへ戻る

3.横の絞り方と見え方のパターン

横に絞った際の見え方は3パターンあり、それぞれに候補となるカードが決まっています。

絞り(しぼり)とそのやり方

それぞれのパターンを確認した後は、真ん中のマークを見て何のカードかを確かめる流れになります。

「ワイルドジャングルカジノ」では、絞りの出来る「VIPバカラ」が用意されているので、バカラに慣れて資金に余裕が出て来たらチャレンジしてみましょう。

バカラ攻略ガイド 一覧

▲トップへ戻る