オンラインカジノ入門編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

運営会社は怪しくない?

現在オンラインカジノの数は、じつに2000を超えると言われています。
オンラインカジノは企業によって運営されています。中には株式上場しているような大企業もあり、そのようなところの運営するオンラインカジノは非常に信頼できますね。

しかし、中にはプレイヤーからお金を不当に騙し取ろうと考える悪質な運営会社も存在しているのが事実です。ギャンブル業界は大きなお金が動くので、そのような悪事を考える会社が後を絶ちません。
安心してオンラインカジノを楽しむために、まず「オンラインカジノがどのように運営されているか」について知りましょう!

オンラインカジノ運営会社の構造を知る!

オンラインカジノの運営は、プレイヤーを含めた4つの構造から成り立っています。

  • (1)プレイヤー
    私たちのこと。オンラインカジノにお金を払い、プレイする。
    勝てば払い戻しが得られる。(儲けることができる)
  • (2)運営会社
    プレイヤーからお金を受け取り、オンラインカジノゲームをはじめとする様々なサービスをプレイヤーに提供する。プレイヤーが勝てばお金を支払うことになるが、負ければその分売り上げになる。
  • (3)ソフトウェア会社
    運営会社と契約し、ソフトウェア(オンラインカジノゲームを動かす仕組み)を提供する。
  • (4)決済会社
    運営会社と契約し、運営会社とプレイヤー間のお金のやりとりを仲介する。
オンラインカジノ運営の構造

オンラインカジノを合法的に運営するために必要なもの

運営が怪しくないか見極めるポイントは、まず「合法的に運営されているか」です。

なにをそんな当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、これがなかなか当たり前ではありません。見た感じは立派で、それらしい謳い文句が並べられているオンラインカジノが実は違法に経営されていた、なんてことは珍しくないのです。

オンラインカジノを合法的に運営するためには、「ライセンス」が必要になります。このライセンスは政府から発行されます。取得するためには厳しい審査をクリアし、ライセンス料を払わなければなりません。政府によってライセンス取得時の審査基準は変わりますが、非常に厳しいところもあり、何度も審査してやっと取得できるなんてこともあるようです。

なので、ライセンスを取得していないということは、「審査が通らないようないい加減な運営をしています」「ライセンス料を払えないような状態です」と自己紹介しているようなものなのです。ライセンスを取得していないオンラインカジノは、どんなに良さそうに見えてもまったく信用できません。(そもそも法律違反です^^;)

運営会社は継続的に監視されている?

ライセンスを取得していないオンラインカジノは問題外ですが、ライセンスを取得するときだけしっかり運営して、審査を終えたら好き勝手やるようなことがあったら困りますよね。

そんなことあるのか?と思われるかもしれませんが、実際あります。
これはオンラインカジノ業界だけに限った話ではなく、たとえば飲食業界でも、保健所の立ち入り検査があるときだけきちんと消毒したり食材を管理したりする・・・なんてこと、珍しくないのです。なんだか服装検査の日だけ茶髪を黒くしてキチッと制服を着込む学生みたいな話です。学生なら微笑ましいものですが、会社にされると非常に困りますね^^;

そのようなことがないように、ライセンス取得後の運営を監視するシステムがあります。
身内同士での監視は信用が低いため、会社と関係のない「第三者機関」が定期的に公平で健全な運営が行われているかのチェックを行います。

主な第三者監査会社

TST(Techinial Systems Testing)

TSTは、ソフトウェアの公平性をチェックする監査機関です。
もともとラスベガスなどランドカジノのスロットマシンやアメリカの宝くじの監査を行っている機関ですので、監査の厳しさや技術は非常に信頼できます。

ソフトウェアの公平性が守られていなければ、いくらお金をつぎこんでも勝てない事態に陥ります。TSTの審査をパスしているオンラインカジノなら安心です。

eCOGRA(イーコグラ)

イーコグラは、オンラインカジノの公平性をチェックする非営利団体(NPO)です。

かつては運営会社とプレイヤーとの間に明確なルールがなかったため、トラブルが発生しても「ここがおかしい」「ルール違反だ」と指摘することが出来ず、プレイヤー側は泣き寝入りするしかありませんでした。そのような流れのなか、「プレイヤーの保護」のため、イーコグラが設立されたのです。

イーコグラは第三者の公平な立場からオンラインカジノに関する基準を設け、この基準に基づいてオンラインカジノを審査します。この基準は非常に細かく多岐に渡っており、審査も厳しいことで有名です。厳しい審査が必要なライセンスを取得している優良なオンラインカジノですら落とされることもあるそう。もちろん、一度審査をパスしても定期的に監査されるので、認定をはずされることもあります。

継続的にイーコグラの認定を受けているオンラインカジノは信頼できるといえるでしょう。また、イーコグラの認定しているオンラインカジノでトラブルが発生した場合、イーコグラに相談し、仲介に入ってもらうことも可能なのでもしものときも安心です。

人気のソフトウェア会社

「ソフトウェア」とは、カジノゲームを動かす仕組みのことをいいます。ソフトウェアに不正があれば勝率が操作されてしまいかねません。ですので、信頼できる、人気の高いソフトウェア会社を選んでいるか?という点も、オンラインカジノを見極めるうえで重要なポイントです。

playtech(プレイテック)

ハイクオリティのグラフィック、操作性の良さが特徴のプレイテックは、最近急速に人気を高めているソフトウェア会社です。
なかでも人気アメコミシリーズ「マーベル」とコラボしたビデオスロットは評判が高く、「スパイダーマン」や「アイアンマン」とともにスロットを楽しめます。

ロンドン株式市場に上場している、信頼性の非常に高いソフトウェア会社です。

Microgaming(マイクロゲーミング)

オンラインカジノといえばマイクロゲーミング、といっても過言ではありません。
オンラインカジノソフトウェア界における老舗かつ最大大手で、安定性はピカイチ。
操作性の高さなども魅力ですが、マイクロゲーミングが何よりも素晴らしいのはその信頼性の高さです。

マイクロゲーミングはオンラインカジノと契約する際に信頼できるオンラインカジノであるかどうか確認する独自の基準を設けており、その基準にそぐわないところとは契約を行いません。ソフトウェア使用料も他社と比べ高く設定しています。

マイクロゲーミング社のソフトウェアを採用しているオンラインカジノはそれだけで信頼性が高いといえるかもしれません。

当サイトオススメ!オンラインカジノランキング