ブラックジャック攻略ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • >オンラインカジノ比較ナビ

基本ルールと遊び方

ブラックジャック(Blackjack)はトランプを使ったゲームで、自分とディーラーのどちらが21に近くなるかを競い、ベットするゲームです。カードの合計値が21ぴったりになる事を指して「ブラックジャック」と言ったりもします。

ディーラーと1対1で対決する構図になるのが特徴で、タイマンで熱い勝負を楽しみたい方に向いています。また、プレイヤーのスキルが特に問われやすいゲームでもあり、非常にやり応えがあります。

1.動画で見るブラックジャックの流れ

▲トップへ戻る

2.基本ルール

基本ルールと遊び方

ブラックジャックは、カードの合計数がディーラー(相手)よりも21に近く、かつ21を超過しないようにする事を目指すゲームです。

基本ルールと遊び方

最初にプレイヤー(自分)がベットをし、その後ディーラーが、プレイヤー側・ディーラー側にそれぞれ2枚ずつカードを配ります。この時、ディーラー側のカードは1枚が伏せられた状態になります。

基本ルールと遊び方

プレイヤーは、配られた2枚のカードを確認して、もう1枚カードを引くか否かを決定します。もう1枚カードを引く事を「ヒット」、カードを引かずに2枚のままにしておく事を「スタンド」と言います。

この、ヒットするか否かの駆け引きこそがブラックジャックの醍醐味です。

基本ルールと遊び方

プレイヤーの選択が終わると、ディーラーが伏せていた一方のカードがオープンになります。この時、ディーラーの合計値が「16以下」の場合には、ディーラーが更にカードをもう1枚引きます。

ディーラー側のカードの合計値が17を超えるまでカードを引きつづけ、17を超えた時点でプレイヤーと勝負します。

基本ルールと遊び方

ただし、合計値が21を超えるとプレイヤーもディーラーも「バースト(bust)」となり、その時点で負けが決定します。

▲トップへ戻る

3.トランプの数え方

バカラと少し似た部分もありますが、違う点もあるので注意しましょう。

基本ルールと遊び方

数字は基本的にそのまま数えますが、は特殊で「1」もしくは「11」のいずれかとして好きにカウント出来ます。

図柄は全て「10」として数えます。

基本ルールと遊び方

上記のように様々なパターンが考えられますが、数え方さえ覚えてしまえば、即座に計算できるようになります。A(エース)だけ2パターンあるので、そちらだけ注意しておきましょう。

▲トップへ戻る

4.行動(アクション)の見方

プレイヤーはカードの状況に応じて様々な行動(アクション)を取る事が出来ます。それぞれの選択肢がどんな行動を示すのか、覚えておきましょう。

基本ルールと遊び方

基本的には、上記3つの行動でゲームを進めて行きます。

スタンドとヒットについては前述の通りですが、「ダブルダウン」は賭け金を2倍にする事が可能な選択肢です。最初のベットを終え、ディールをした後からベット額を倍に出来るため、自信のあるカードが揃った際に使いましょう。

ダブルダウンは、次のカードを引く事が前提となっているので、現状の合計値が21に近い場合には辞めておきましょう。

下図のように、次のカードを引いて10が出れば21に近づく!と言ったようなケースで、このダブルダウンを使えば・・・

基本ルールと遊び方

10のカードが出て、21に近い合計値となりやすいため、非常に有効なアクションとなります。数値が10となるカードは「10・J・Q・K」と多いので、勝率が比較的高いと言うわけです。

上記3つ以外にも、その場の条件によって選択可能となる特殊なアクションが用意されているので、そちらも見て行きましょう。また、ブラックジャックと言っても遊び方の異なる様々な種類のブラックジャックが存在します。その中でよく使われている特別ルールも併せてご紹介します。

基本ルールと遊び方

・インシュランス

インシュランス(インシュアランス)はいわゆる「保険」のようなもので、ベット額の半分を追加で支払う事によって損を免れる事が出来ます。

基本ルールと遊び方

インシュランスを使うには、ディーラーの最初のカードの内、表向きになっているカードがAである必要があります。使用するシーンは限られていますが、相手がブラックジャック(合計値21)になった際にはベット額とインシュアランスで支払った分が全額戻って来るので、「ここで大損は出来ない!」と言うようなシーンで使うと良いでしょう。

ただし、相手がブラックジャックでなかった場合には、インシュアランスに掛けていた保険金は没収となってしまいます。頻繁には使わず、ここぞと言う時にだけ使って下さい。

・スプリット

スプリットは、プレイヤー側に最初に配られた2枚のカードが同じカードだった場合、別々にゲームを進行する事が出来ます。

最初のカードを確認して、数値の高いカードが2枚ずつ来たような場合にスプリットをすると特に有効です。

基本ルールと遊び方

ブラックジャックにおいて、一番引く確率が高いのは数値が「10」となるカードです。例えば、Aが2枚の時にスプリットをすれば、引く確率の高い10がどちらかに来るだけですぐにブラックジャック(21)が完成します。

9や8が2枚来た際にも有効な場合がありますが、10が2枚来た際はその時点で「20」となるので、スプリットせずそのまま勝負するのが無難です。

基本ルールと遊び方

・サレンダー

サレンダーは「BLACKJACK SURRENDER(ブラックジャックサレンダー)」と言ったように、タイトルに「サレンダー」と入ったブラックジャック等で使えるアクションです。

白旗のマークからも想像出来るように、サレンダーとは「降参」する意味合いを持ちます。

最初に配られたカードが、例えば「15」の合計値だったとします。

基本ルールと遊び方

この合計値では、次で引く確率の高い「10」を引けばバーストしてしまいますし、「7・8・9」が出てもバーストしてしまうため、リスクが高い数値である事が分かります。

また、相手の表向きになっているカードも判断材料にして下さい。

もし、表向きのカードに「10」があれば相手側が優勢になる可能性が高いと言えます。このように、自分の手元が不利で、相手の手元が有利だと感じた場合にサレンダーを使いましょう。

サレンダーを使えば、ベットした額の半分が手元に帰って来るので、無理な勝負を挑んで全額失うよりも安全です。ただし、サレンダーは最初のターンにしか使えないので注意して下さい。

・スイッチ

スイッチは「BLACKJACK SWITCH(ブラックジャックスイッチ)」と言ったように、タイトルに「スイッチ」と入ったブラックジャック等で使えるアクションです。

この手のブラックジャックでは、手元を2つに分けて行われるのが基本となっており、通常のブラックジャックとは一風変わった楽しみ方が出来ます。

例えば、「10」の数値となるカードと「A(11)」のカードが別々の場所に配られるとします。

基本ルールと遊び方

図の左のままでは、「16」と「14」と、どちらも微妙な数値になってしまいます。こうした場合にスイッチを使えば、図の右のようにカードを移動させ、強い数値になる事があります。

様々なパターンがあるので、手元のカードが弱いと感じたらスイッチで強くなるかどうか確かめてみましょう。ただし、スイッチは最初のターンでしか使用できないので注意しましょう。

ブラックジャック攻略ガイド 一覧

▲トップへ戻る