長崎IR 事業者公募(RFP)参加5者を公表。NIKI&チャウフーグループが新たに参加

長崎IR 事業者公募(RFP)参加5者を公表。NIKI &チャウフーグループが新たに参加

長崎県のRFP(事業者公募)参加登録申請者に、新たに「NIKI & Chyau Fwu (Parkview) Group」が加わったことが判明しました。

長崎県は1月29日、RFP参加登録申請者が5者であることを公表。
既に参加表明済みだったオシドリインターナショナル社(長崎市)、カジノオーストリアインターナショナル社(オーストリア)、カレント社(長崎市)、ピクセルカンパニーズ社(東京)の4者に続く5者目に注目が集まっていました。

今回5者目として判明した「NIKI & Chyau Fwu (Parkview) Group」は、株式会社THE NIKI(東京)とチャウフー (パークビュー) グループ(香港)のコンソーシアムで、両社は数十年にわたるリゾート運営の経験を持っています。

今回RFP参加5者目が判明したことを受け、早期に参加を表明していたカジノオーストリアインターナショナル日本法人の林明夫社長は、「ライバルは増えたが、長崎に注目が集まることは喜ばしい。引き続き安心・安全・安定をセールスポイントとし、全力で取り組んでいく」と改めて意欲をコメントしました。

NIKI&Chyau Fwu (Parkview) Group概要 日本やアジア諸国でリゾート運営の経験

株式会社THE NIKIは2015年に設立されたリゾート事業を主軸とする企業で、株式会社二期リゾートが過去に運営していたリゾートホテル「二期倶楽部」を起源としています。
二期倶楽部は2017年秋に営業を終了しましたが、それまで30年以上にわたりリゾート運営を行ってきました。
株式会社THE NIKIとしての経験はまだ浅いものの、それまでの二期倶楽部としてのリゾート運営経験を元に、今後さらなる飛躍が期待されています。

一方チャウフー (パークビュー) グループは、1950年代に台湾で設立された老舗の建設・開発企業「Chyau Fwu社」を起源とする複合企業です。
北京、シンガポールなどアジア諸国でのMICEや商業施設、オフィスビルなどの開発・運営経験があり、日本国内でも沖縄県のウェルネスリゾートを開発した実績があります。
現在は北海道のニセコ町にスノーリゾートを開発中で、日本でのリゾート運営実績を着実に積み重ねています。

両社のコンソーシアムであるNIKI & Chyau Fwu (Parkview) Groupはホームページにて、「佐世保市の九州・長崎IRを中心とし、そこから最先端技術を駆使した大村湾のスーパー・スマート・コミュニティの実現へと広げることを提案します。そして、これが日本における地域活性化のモデルケースとなることを目指しております。」とコメントを発表。
長崎IRに向けての方向性として、「市場(交流人口増)と資金(カジノ税収等)を獲得し、スーパーシティ構想を推進する」と強い意欲を見せています。

注目されていた参加5者が出そろった形となる長崎県のRFP。
今後2021年3月に第一次審査、8月に第二次審査が行われ、最終的な「設置運営事業予定者」が決定する予定となっています。

長崎県の具体的なRFPスケジュールはこちら

日本カジノ研究所 注目の記事

カジノ法案メニュー

カジノ法案最新ニュース