長崎IR 事業者公募(RFP)一次審査が終了。5者のうち3者へ絞り込み

最終更新日:

長崎県IR事業者公募の一次審査結果公表 3者が第二次審査へ

長崎県は3月19日、IRの設置・運営を行う事業者について、第一次審査を通過した3者を公表しました。

長崎県のRFP(事業者公募)には5者が名乗りをあげており、今回通過したのはカジノオーストリア・インターナショナル、NIKI&チャウフー(パークビュー)グループ、オシドリ・コンソーシアムの3者。
カレントグループとONE KYUSHU(ピクセルカンパニーズ)は落選となりました。

一次審査結果を公表した長崎県・中村法道知事は、RFPに応募したすべての事業者への感謝を述べたうえで、引き続きIR誘致に全力を尽くしていくことを強調。
通過した3者については、「国の選ぶIR実施予定地3か所に長崎が認定される必要がある。どのように国内の観光、産業に貢献していけるのか、具体的な提案を期待している」とコメントしました。

通過3者、第二次審査に向け積極的な動き

今回の一次審査を通過した3者は、運営実績や財務能力などについて高い評価を獲得し、次の二次審査に進むこととなりました。

通過した3者の概要やコメントは以下のとおりです。

カジノオーストリア・インターナショナル

カジノオーストリア社はゲーミング事業を主軸とするオーストリアの企業で、現在は世界中で26か所ものカジノの運営を行っています。

カジノオーストリア日本法人の代表取締役社長・林明男氏は、「ライバルと争うのではなく、長崎県と佐世保市にとって最適なパートナーとなり、日本の経済発展や地方創生に貢献することを最重視する」と意欲をコメントしました。

NIKI&チャウフー(パークビュー)グループ

THE NIKI(日本)とチャウフー(パークビュー)グループ(台湾)のコンソーシアムであるNIKI&チャウフー(パークビュー)グループ。

NIKIのIR担当者は今回の一次審査通過を受け、「非常に嬉しい。二次審査に向け、40社以上の協力会社と共に膨大な資料の用意や準備を進めている」と述べています。

NIKI&チャウフー(パークビュー)グループの詳しい説明はこちら

オシドリ・コンソーシアム

長崎市に本社を置くオシドリ社は2020年6月、IR開発大手「MGMリゾーツ」元社長のアレハンドロ・イエメンジアン氏を会長兼社長兼CEOに迎えました。

その後2021年1月にはIR事業で豊富な実績を持つ中谷圭吾氏をCOOに任命。

さらにアメリカのゲーミング会社「モヒガン・ゲーミング&エンターテインメント」と提携するなど、IR参入に向け万全の準備を進めています。

二次審査では具体的なコンセプト・提案が焦点

長崎県が公表しているRFPスケジュールによると、次回行われる第二次審査の受付期限は2021年6月、審査結果公表は8月頃に予定されています。

長崎県は審査において、より客観的な評価を行うために審査委員会を設置。
委員会はながさき地域政策研究所 理事長の菊森淳文・委員長や、長崎県立大学 地域創造学部教授の西岡誠治・副委員長など、計8名の有識者等で構成されています。

第二次審査では具体的なIRコンセプトや懸念事項対策、地域貢献や施設に関する提案を各事業者がプレゼンテーションし、設置運営事業予定者(1位事業者)と次点予定者の2者に絞り込まれます。

一次審査を通過した3者がどのような具体的提案を行い、最終的にどの事業者が選ばれるのか、今後の動向から目が離せません。

長崎RFPの詳細スケジュールはこちら

日本カジノ研究所 注目の記事

カジノ法案メニュー

カジノ法案最新ニュース