オンラインカジノのゲーム・ブラックジャックのルール 初心者にもわかりやすく解説

ゲームの遊び方・ルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーが1対1でプレイするカードゲームです。
ざっくりと言うと、カードを引き手持ちのカードの数値の合計が「21」により近い(数字が大きい)方が勝ちとなります。
カジノの代表格ともいえるブラックジャック。非常にシンプルなルールではありますが、駆け引きが重要となる、奥の深いゲームです。
それでは、ブラックジャックの詳細なルールと用語について見ていきましょう。

ブラックジャックにおける、カードの数字の数え方

ブラックジャックにおいて、カードの数字は書かれている数そのままではありません。
数字の数え方は次の通りです。

2~10:
カードに書かれているそのままの数
J、Q、K:
すべて「10」として数える
A:
11または1(自分の好きな方を指定可能)

ブラックジャック攻略ガイド

ブラックジャック基本用語

ヒット

カードを引くことを言います。

スタンド

カードを引くことをやめることを言います。

バースト

引いたカードの合計値が21を超えてしまう(22以上)ことを言います。バーストになるとその勝負は負けになります。

プッシュ

引き分けとなることを言います。

基本的にヒットを繰り返し、自分がバーストする危険性があると感じたときや、相手のバーストを狙うときにスタンドするという形でゲームが進行します。

最強の役「ブラックジャック」

ブラックジャックでは21に近い数字が強くなるため、21が最も強いということになりますが、例外があります。
その例外とは「ブラックジャック」のことです。

はじめに配られたカードが「A」と「絵札(J、Q、K)」の組み合わせだった場合を「ブラックジャック」と呼びます。
普通は勝負に勝った場合の配当は2倍ですが、ブラックジャックだった場合、2.5倍の払い戻しが得られます。

ブラックジャックに対する保険

自分がブラックジャックだった場合は嬉しい限りですが、もちろん相手がブラックジャックを出してくる可能性もあります。
相手にはじめに配られたカードが「A」だった場合、相手がブラックジャックになったときのための保険金をかけることができます。
その保険を「インシュランス」と呼びます。

インシュランスは、自分がはじめに賭けた金額の半額をさらに支払います。
もし相手が2枚目で絵札を引き、ブラックジャックになった場合は、保険金の2倍の払い戻しが受けられ、保険金も返金されます。
また、相手が10を引いた場合(合計が21)も同じく2倍の払い戻しが受けられます。
二枚目が上記のいずれかに該当しなかった場合は、保険金は没収され、そのままゲームが続くことになります。

確率から考えてもインシュランスはあまり一般的にはおすすめされないことが多いですが、うまくいけば2倍ゲットのチャンスがある事を考えると、たまにはトライしてみるのも楽しいでしょう。

他にもあるさまざまな手

ヒットまたはスタンドするのが基本のブラックジャックですが、状況によっては以下のような手もとることができます。

ダブルダウン

カードを引くのを終わりにする代わりに、最初にベットした金額と同じ金額をさらに追加することができます。

スプリット

はじめに配られた2枚のカードが同じ数の時、それぞれを1手ずつ、2つに分割することができます。
2つめの手にも最初にベットした金額と同じ金額を賭けます。

当サイトでは、初心者の方でも0からブラックジャックを楽しめるように詳細なルールをまとめました。
詳しく知りたい方は以下のバナーから「ブラックジャック攻略ガイド」をチェックしてみてください!

ブラックジャック攻略ガイド