ランドカジノの監視カメラの「従業員の笑顔チェック」機能の理由とは?

オンラインカジノニュース速報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カジノの監視カメラで「笑顔」をチェック?!意外なその意図とは

2017/8/4

カジノの監視カメラで「笑顔」をチェック?!意外なその意図とは

ラスベガスやマカオにあるランドカジノに行ってみると、まずそのカメラの多さに驚かされます。
カジノの入り口、ゲームテーブル上などありとあらゆるところにカメラがあるため、「後ろめたいことはなくとも緊張してしまった…」という方も多いのではないでしょうか?

こういった監視カメラは、主にプレイヤーの不正やディーラーの不正を見抜くために設置されています。
カジノで行われる不正の中には、プレイヤーとディーラーが結託して行うものも少なくなく、客観的な証拠としてカメラ映像は必須というわけです。

最近ではカジノ内の監視カメラのほかに「生体顔認識カメラ」を入り口に設置し、過去に問題があったプレイヤーをカジノに入場させないという措置をとっているカジノも増えてきています。

大金が動くランドカジノにとって不正を防ぐのは永遠の課題ともいえ、カジノと監視カメラは切っても切れない関係です。

ですが、この監視カメラが意外な用途に使われていることもあります。
それは―――「従業員の笑顔のチェック」です。

接客が重視されるホテルや小売店ならまだしも、カジノで従業員の笑顔がチェックされるなんて意外な話ですよね?
でも、これにはちゃんとした理由があります。

あるカジノ調査で、カジノにおける顧客の満足度は「従業員の笑顔」に大きく影響されているということがわかりました。
顧客満足度が高ければ、滞在時間も増えますし、そうすればおのずとベットする金額も増えます。すなわち、カジノの儲けが高くなるわけです。

そこで、調査を行ったカジノでは監視カメラで従業員の笑顔をチェックし、笑顔で接客するよう指導を行っているそうですよ。
カジノに行く機会があれば、「従業員の笑顔」をチェックしてみても面白いかもしれませんね。

オンラインカジノランキング