カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)が賛成多数で衆院本会議にて成立しました。

オンラインカジノニュース速報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【カジノ法案】自民・日本維新の賛成多数でついに成立!

2016/12/20

日本におけるカジノ合法化に向けて成立が急がれていた「統合型リゾート(IR)整備推進法案」、いわゆるカジノ法案ですが、14日夜の参院本会議での可決、修正を経た15日未明衆院本会議にて自民、日本維新の会の賛成多数で成立しました!

民進、共産、自由、社民はこの法案に反対し、国会の運営が強引であるとして同日15日「安倍内閣不信任決議案」を衆院に共同提出しましたが、与党などの反対多数で否決されました。

このカジノ法案は、カジノだけでなく宿泊施設、飲食店や劇場などの娯楽施設、国際会議場を含んだ統合型リゾートの整備を推進するための基本法です。これからは施行後1年以内を目処に、具体的な規制基準やギャンブル依存症対策など必要な対策を盛り込んだ実施法案の策定を勧めていく必要があるため、政府は首相を本部長とする推進本部を設置しました。

ようやく成立したカジノ法案ですが、まだ反対の声も根強いのが現状です。政府はどのような実施法案を立てていくのでしょうか。

オンラインカジノランキング