オンラインカジノで逮捕された日本人プレイヤーの不起訴が確定 一連の事件まとめ

オンラインカジノニュース速報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年3月に摘発の日本人プレイヤー不起訴確定

2017/1/13

当サイトでも情報をお伝えしておりましたが、2016年3月に、日本国内で初めて摘発されたオンラインカジノプレイヤーの不起訴が、このたび確定となりました。

摘発されたのは全員で3名ですが、そのうち2名は裁判で争わず、罰金を払って済ませることを選択していました。

実際に法廷で争うことを選んだのは残りの1名。
「この摘発は日本の法律にのっとったものではない」と主張し続け、最終的に不起訴が成立することになりました。

さて、ここで気になるのが「なぜ不起訴となったのか?」というところ。
担当した弁護士の見解を簡単に説明すると…

・日本の賭博法は、主に運営側を罰するためにある
・プレイヤー側は、運営側を有罪とする捜査に関連して有罪にされるもの
・海外でライセンスを取得して運営されているオンラインカジノ自体は合法であり、罰することは出来ない

まとめると、【運営者が有罪でない=プレイヤーを罰することは出来ない】ということ。
あくまで運営側が裁かれる主体である以上、海外で合法的に運営されているオンラインカジノには適用できないため、プレイヤーを摘発するのは不当であるという結論に至ったようです。

つまり、「プレイヤー自身がオンラインカジノをプレイしたことを認めているのに、検察は起訴できなかった」ということになります。

私たちも【現在の日本の賭博法を、オンラインカジノに適用することはできない】との考えに基づいて、当サイトを運営してきました。
今回の摘発に関しても同様の考えで事態を見守っておりましたが、結果的に当サイトの考えを後押しするような形となり、不起訴の実例が出たということは日本市場においても大きな進展となったことと思います。

カジノ法案も成立した今、今後も日本におけるオンラインカジノと法律の関係が動いていくことが予想されます。
当サイトではこれからも慎重に法律の動きをお伝えしていきたいと思います。

トップページに戻る