オンラインカジノニュース速報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カジノ法案成立、横浜は前向きな姿勢。リミットは来年度?

国会での通称〝カジノ法案〟が審議先送りとなったため、東京オリンピックに間に合わせるためのプランがほぼ白紙同然の形となってしまった日本でのカジノ解禁。
その法案の注目度が下がることに比例して、一時期に比べて東京・大阪など各自治体の誘致の熱も下降気味。

しかし、その自治体の中で横浜は、カジノ法案成立の行方に1番中止している自治体ではないでしょうか。
と言えるのも、横浜は横浜市中区の山下ふ頭の再開発プランにカジノ誘致を前向きに検討していました。そして来年度には、その再開発計画の公募と入札が開始されます。
そのため、それまでにカジノ法案が成立していなければまさかの「カジノなし」で再開発を進めるなんてことに・・・・!?

〝横浜でのカジノ誘致が実現するか?〟
この問題は今年度中のカジノ法案成立が、大きな岐路となることでしょう。