気になるオンラインカジノを徹底比較!初心者にもお得な情報を集めました。

オンラインカジノニュース速報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カジノ産業の日本進出、すでに東京では事務所開設

中国本土の反腐敗運動の影響で、マカオでは来訪者が減少。
カジノ主軸の成長戦略にも陰りが生じていることから、カジノ関連株も下落しています。
れによってマカオのカジノ業者は、これまでのように中国本土からのハイローラー訪問には期待できないだろうという「変化」を受け止め、成長戦略の方位転換を図っています。

そこでキーワードとしたのが、「脱賭博」。
今までのカジノ依存のビジネスモデルから一変して、複合型リゾートへの開発を進めています。

その結果、2011年は非ゲーミング(カジノ以外)の割合が75%を占めていたのが、2015年にはその割合が95%に!
カジノの面積は全体の5%というではありませんか。
マカオ=カジノの街というイメージが強いぶん、かなり意外な事実ですよね。

このように、マカオでの成長戦略を見直しているカジノ業者。
しかしすでに日本への進出を果たしており、東京に事務所とスタッフも在籍、ホテルオークラとのパートナーシップも構築し、残るは国会での法案成立を待つだけ・・・という状況だとか。
日本ではカジノに対してマイナスイメージが強い風潮ですが、正当なビジネスでなければ日本で活動するための事務所なんて借りることができません。
ましてや、ホテルオークラのような一流ホテルとの業務提携など至難の業でしょう。
このような事実から見ても、カジノ産業へのイメージは少し良い方へ変わってくるのではないでしょうか?