マカオにて行われた世界麻雀大会で日本人が優勝しました!

オンラインカジノニュース速報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

麻雀世界大会で日本人が優勝!

2015/12/24

世界的な大会と言えば皆さん何らかのスポーツをまず連想するのではないでしょうか。

しかし中にはテーブルゲームの世界大会も存在し、有名なものではポーカーがあります。

そしてもう一つ、日本人が活躍しているテーブルゲームの世界大会として麻雀も忘れてはなりません。

その麻雀の世界大会である麻雀世界大会が、昨年2015年の12月6日にマカオのザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテルで開催され、日本プロ麻雀協会に所属する鈴木たろう氏が準優勝という好成績を収めました。

こうした世界大会として行われる麻雀と、日本で一般普及している麻雀のルールを比較すると異なる部分も多く、いかにプロの雀士と言えども海外の世界大会でその実力を発揮するのは中々難しい面がありました。

その中での準優勝という快挙は、日本人プレイヤーのレベルの高さが伺えるというものではないでしょうか。

麻雀の世界大会は来年の開催も予定されているということですので、渡航費や滞在費は必要となってくるものの、麻雀に自身のある方は参加してみるのもいいかもしれません。

麻雀と言えばギャンブルに利用されるイメージがなんとなくありますが、一般的に考えると日本では賭博罪が存在しますので国内において麻雀でお金を賭けてしまった場合には違法となってしまいます。

しかし昨今インターネット上ではDORA麻雀と呼ばれるオンライン麻雀が登場し、その最大の魅力としてお金を賭けることができるという他のオンライン麻雀にはない特徴があります。

なぜ違法となる賭け麻雀が可能なのかというと、DORA麻雀の運営の所在が外国にあるためで、日本の法律が適用されないからです。

麻雀に自信があるという方は、是非DORA麻雀にてその腕を試してみてはいかがでしょうか。

ネットでおすすめの麻雀ゲーム