オリンピックに合わせたカジノ誘致は実現するのか、注目が高まっています。

オンラインカジノニュース速報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にカジノはくる?こない?オリンピックとカジノ問題

2016/4/10

2020年に東京でのオリンピック開催が決定したとき、日本へのカジノ誘致が話題になりました。

オリンピックとカジノ、なんの関係があるの?と思うかもしれません。
日本人の多くはカジノと馴染みがないのでピンとこないと思いますが、カジノの持つ経済効果はとても大きいのです。

オリンピックの開催はそれだけでも大きな経済効果が見込めます。
各国から日本に多くの人が集まるそのタイミングでカジノリゾートを誘致することで、更なる経済効果を生み出そうというわけです。

これまでにも何度かカジノ誘致の案は挙がりましたが、長らくギャンブルを違法としてきた日本では拒否感が強く、実現には至りませんでした。
今回のオリンピック開催にあわせて……という案も、一度は盛り上がりましたが、やはり反対の声が大きく今は萎んでしまっています。

しかし、海外の日本カジノにかける想いはまだまだ熱いようです。

ラスベガス・サンズは、カジノをはじめとする統合型リゾート施設(IR)を運営しているアメリカの大手会社です。その子会社であるマリーナベイサンズが、本社が日本に100億ドル(日本円にして1兆1100億円)規模の投資をする計画に関して未だ熱意を持っていることを明かしました。

もしカジノ誘致が実現すれば、こういった大企業が出資してくれるということですから、大きな経済効果が見込めます。

今は萎んでしまったカジノ誘致の案ですが、こういった声によって再び盛り上がるかもしれませんね。