ルーレット攻略ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • >オンラインカジノ比較ナビ

ルーレットの種類

ルーレットは、普及する元となったヨーロッパで考えられた「ヨーロピアンスタイル」と「アメリカンスタイル」の2種類が主流となっています。

ルーレットの種類

実際のランドカジノであれば、場所によっては一方のスタイルしか取扱いがない事もありますが、オンラインカジノであれば様々なタイプが選べます。

1.ヨーロピアンルーレット

ヨーロピアンルーレット(European Roulette)は、オンラインカジノでは特に主流とされているスタイルで、0から36までの合計37の数字を使って抽選します。00は使われていません。

ルーレットの種類

回転盤には緑色の部分に、レイアウト上にはインサイドベット範囲の左端に0が表記されています。

また、ヨーロピアンルーレットは、アメリカンに比べて控除率(お店の儲け分)が低めとなっています。簡単に言うと、ヨーロピアンの方が比較的稼ぎやすいと言う事です。

ルーレットの種類

数字の「0」がお店の儲ける分と言われており、この0をベットから除外して考える事で、控除率が計算出来ます。37の数字の中から、0を除いた36の数字にベットして勝つ確率は97.3%です。

この確率は、ギャンブルで収支を気にする際によく使われる「ペイアウト率」と同義です。100%で±0の収支と考えると分かりやすいでしょう。

このペイアウト率はプレイヤー視点なので、店(相手)視点で考えると勝率は100%-97.3%=2.7%となります。これが、図の右側にある控除率(ハウスエッジとも呼ばれる)です。

アメリカンルーレットの控除率は5.3%のため、お店側の儲け分に違いがある事が分かります。

この事から、基本的にはアメリカンよりもヨーロピアンルーレットの方が人気となっています。

▲トップへ戻る

2.アメリカンルーレット

アメリカンルーレット(American Roulette)は、名前の通り米国で主流となっているルーレットです。ゲームの原点となった古典的なルールと同じ38区分を採用しています。

アメリカンでは、0から36の数字に加えて「00」を追加した合計38の数字を使って抽選します。

ルーレットの種類

回転盤には緑色の部分に、レイアウト上にはインサイドベット範囲の左端に0と00の2つが表記されています。回転盤の数字の並びはヨーロピアンとは異なり、向かい合った番号同士が連続した数字になっているのが特徴です。

また、アメリカンルーレットは、ヨーロピアンに比べて控除率(お店の儲け分)が高めとなっています。簡単に言うと、アメリカンの方が比較的稼ぎにくいと言う事です。

ルーレットの種類

38の数字の中から、0と00を除いた36の数字にベットして勝つ確率は94.7%です。店(相手)視点で考える控除率は、100%-94.7%=5,3%となります。

ヨーロピアンルーレットの控除率は2.7%なので、アメリカンの方が店側にとって有利である事が分かります。別のルーレットに飽きて来た際の箸休めとして利用する程度がベストです。

例外として、「サレンダー」システムが採用されているアメリカンルーレットであれば、控除率が少し低くなります。アメリカンスタイルで遊ぶ場合には、サレンダー機能のある方を選びましょう。

▲トップへ戻る

3.フレンチルーレット

フレンチルーレット(French Roulette)は上記2つのスタイル程有名ではありませんが、ゲームの原型と同じ形式を採用している事で知られています。店側の十分な控除率の確保のために、0の数字が追加されたのもここからです。

回転盤や数字はヨーロピアンと同じですが、ベット場所であるレイアウトやルールが少し異なります。

ルーレットの種類

中でも「アンプリゾン」と言うルールが特徴で、このルールが存在するだけで控除率が更に低くなります。

このルールでは、アウトサイドでイーブンベット(配当2倍の枠に賭ける事)をした際、もし0が出れば賭けたチップが一旦保留となります。保留となったチップは、次の勝負で勝利した場合、返還されます。その分お得になるため、一般的なヨーロピアンスタイルよりも更にペイアウト率が高くなります。

ルーレット攻略ガイド 一覧

▲トップへ戻る