ブラックジャック攻略ガイド オンラインカジノのブラックジャックのゲームルールを徹底解説

/

ブラックジャック(Blackjack)はトランプを使うゲームで、オンラインカジノの中でも人気の高いテーブルゲームのひとつです。

プレイヤーとカジノディーラーが競う対戦型となり、配られたカードの合計の数が21により近い方が勝ちとなります。
合計数が21を超えてしまった場合は負け、同じ合計数の場合は引き分けです。

基本的な遊び方や勝敗のルールは簡単で、初心者の方でもゲームの流れを覚えやすいことが魅力です。
また、自分なりの戦略を立てることが勝敗を分けるカギとなり、カジノディーラーとの熱い駆け引きが楽しめる奥深いゲームと言えるでしょう。

ここではブラックジャックのゲームの流れトランプの数え方など、ブラックジャックの基本的なルールについて解説していきます。

担当ライター:シゲ
(管理人/オンカジ歴10年)

ブラックジャックはカードの出目によって勝敗が左右される部分もありますが、カードが出る確率を計算するなどの攻略法を駆使することで勝率を上げることができる、非常に面白いゲームです。 ゲームの流れや勝敗の決まり方は簡単ですが、カードの数え方や各アクションの使い方については知識とコツが必要なので、まずは基本的なルールをしっかり押さえておきましょう。

1.ブラックジャックのゲームの流れ(動画解説)

まずはブラックジャックのゲームの流れを見てみましょう。
ここでは、最も一般的なルールのブラックジャックのゲームの流れを解説します。

  1. ベット額を選択
    ゲームが始まったら、賭けたい金額のチップを選びます。最小・最大ベット額はテーブルによって決まっているので、あらかじめ確認しておきましょう。
  2. チップを賭ける
    選んだチップをテーブル上のベッティングエリアに置きます。
  3. ディールボタンをクリック
    ディールボタンをクリックすると、プレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られます。ディーラーのカードは1枚だけ伏せられた状態で置かれます。
  4. 次のカードを引くか引かないかを決める
    カードの合計数を見て、次のカードを引く(ヒット)か、引かない(スタンド)かを決めます。追加のカードを引いた際、合計数が21を超えてしまうと「バースト」となり、その時点で負けとなります。
  5. ディーラーのカードがオープンされ勝敗が決まる
    プレイヤーの選択が終了後、伏せられていたディーラーのカードがオープンされ、勝敗が決まります。勝った場合は配当金が配られ、負けた場合はベット額が没収となります。

2.ブラックジャックのルール~基礎編

基本ルールと遊び方

ブラックジャックは、カードの合計数がディーラー(相手)よりも21に近く、かつ21を超過しないようにする事を目指すゲームです。

①最初にベット&カードが配られる

基本ルールと遊び方

最初にプレイヤー(自分)がベットをし、その後ディーラーが、プレイヤー側・ディーラー側にそれぞれ2枚ずつカードを配ります。この時、ディーラー側のカードは1枚が伏せられた状態になります。

②次のカードを引くかどうか(ヒットorスタンド)を決める

基本ルールと遊び方

プレイヤーは、配られた2枚のカードを確認して、もう1枚カードを引くか否かを決定します。もう1枚カードを引く事を「ヒット」、カードを引かずに2枚のままにしておく事を「スタンド」と言います。

この、ヒットするか否かの駆け引きこそがブラックジャックの醍醐味です。

③ディーラーのカードがオープンされ、勝敗が決定or続行

基本ルールと遊び方

プレイヤーの選択が終わると、ディーラーが伏せていた一方のカードがオープンになります。この時、ディーラーの合計値が「16以下」の場合には、ディーラーが更にカードをもう1枚引きます。

ディーラー側のカードの合計値が17を超えるまでカードを引きつづけ、17を超えた時点でプレイヤーと勝負します。

基本ルールと遊び方

ただし、合計値が21を超えるとプレイヤーもディーラーも「バースト(bust)」となり、その時点で負けが決定します。

チェック ヒットorスタンドの選択はベーシックストラテジーで攻略!
ヒットorスタンドの選択はベーシックストラテジーで攻略!

ブラックジャックにおける勝負の明暗は、カードをさらに引く「ヒット」、その時点のカードで勝負する「スタンド」のどちらを選択するかにかかっています。
この選択をする際に攻略のカギとなるのが「ベーシックストラテジー」です。

「ベーシックストラテジー」は運任せでヒットかスタンドを選択するのではなく、より戦略的な選択をし、勝率を上げるためのものです。

ブラックジャックでなかなか勝てない方は「ベーシックストラテジー」を試してみてはいかがでしょうか。

ベーシックストラテジーの使い方はコチラ

3.カードの数の数え方

バカラと少し似た部分もありますが、違う点もあるので注意しましょう。

基本ルールと遊び方

数字は基本的にそのまま数えますが、「A」は特殊で「1」もしくは「11」のいずれかとして好きにカウント出来ます。

図柄は全て「10」として数えます。

基本ルールと遊び方

上記のように様々なパターンが考えられますが、数え方さえ覚えてしまえば、即座に計算できるようになります。A(エース)だけ2パターンあるので、そちらだけ注意しておきましょう。

10・J・Q・Kのいずれか+Aの組み合わせ(合計21)を「ブラックジャック」と呼び、配当が1.2~1.5倍になります。
ゲームによっては、単純に「21」となることをブラックジャックと呼ぶ場合もあります。

4.行動(アクション)の種類

プレイヤーはカードの状況に応じて様々な行動(アクション)を取る事が出来ます。
基本的には、以下の3つの行動を取ることでゲームを進めて行きます。

  • 【スタンド】次のカードを引かずにそのまま勝負する
  • 【ヒット】次のカードを引いてゲームを続ける
  • 【ダブルダウン】ベット額を2倍にして次のカードを引く

スタンドとヒットについては前述の通り「次のカードを引かない/引く」のみですが、「ダブルダウン」は賭け金を2倍にする事が可能な選択肢です。
最初のベットを終え、ディールをした後からベット額を倍に出来るため、自信のあるカードが揃った際に使いましょう。

ただし、ダブルダウンは、次のカードを引く事が前提となっているので、現状の合計値が21に近い場合にはやめておきましょう。

チェック 「ダブルダウン」は「10」を狙っている時に使おう!

基本ルールと遊び方

ブラックジャックでは、「10・J・Q・K」の全てが「10」としてカウントされるため、「10が出れば21に近づく」という時の勝率が基本的に高くなります。

例えば上記の図のように、手札が【4+7=11】で、10のカードが出たら21が狙える、と言った場合に非常に有効なアクションとなります。

ブラックジャックのダブルダウンを徹底解説!ベストなタイミングや基本ルール

一定の条件下でのみ使えるアクション

ブラックジャックでは、基本のアクション3種類以外に、一定の条件が整った時のみに使えるアクションがあります。

インシュランス(インシュアランス)

一定の条件下で使えるアクション①「インシュランス(インシュアランス)」

インシュランス(インシュアランス)は「保険」を意味するアクションです。
ディーラーの最初の表向きの手札が「A」でブラックジャックとなる可能性がある場合に、ベット額の半分を追加で支払うことで「保険」をかけることができます。
もしディーラーがブラックジャックとなった場合、インシュランス分の額の3倍が払い戻されます

インシュランスを使うと最初の賭け金は没収となります。ディーラーがブラックジャックになった場合、インシュランスの3倍配当と差し引きでプラスマイナスゼロになる計算です。

相手がブラックジャックでなかった場合は、インシュランスに掛けていた保険金は没収となります。頻繁には使わず、「ここで大損は出来ない!」と言うようなシーンで使うと良いでしょう。

ブラックジャックのインシュランスは損か得か?4つの事例とルールも解説

スプリット

一定の条件下で使えるアクション②「スプリット」

スプリットは、プレイヤー側に最初に配られた2枚のカードが同じカードだった場合に、手札を2組に分けることができるアクションです。
2組に分けることで、それぞれ別々にゲームを進行する事が出来ます。

最初のカードを確認して、数値の高いカードが2枚ずつ来たような場合にスプリットをすると特に有効です。

ブラックジャックにおいて、一番引く確率が高いのは数値が「10」となるカードです。
例えば、Aが2枚の時にスプリットをすれば、引く確率の高い10がどちらかに来るだけですぐにブラックジャック(21)が完成します。

9や8が2枚来た際にも有効な場合がありますが、10が2枚来た際はその時点で「20」となるので、スプリットせずそのまま勝負するのが無難です。

ブラックジャックのスプリットの使い方を解説!有効なタイミング・基本ルール

5.特殊なルールのブラックジャックで使えるアクション

ブラックジャックには、特殊なルールが追加された様々な種類があり、そのルールによって取ることができるアクションが増える場合があります。
ここではよく使われている特別ルールと、そのルールで取ることができる特殊なアクションをご紹介します。

サレンダー

基本ルールと遊び方

「サレンダー」とは「降参」という意味で、負けそうだと思った時に勝負を降りることができるアクションです。
「BLACKJACK SURRENDER(ブラックジャックサレンダー)」など、タイトルに「サレンダー」と入ったゲームで使うことができます。

サレンダーを使って勝負を降りると、賭け金のうち半分が戻ってきます
リスクを少し抑えることができるので、初心者の方や、資金に余裕のない時、ブラックジャックをじっくり楽しみたい、と言う方に向いています。

ただし、サレンダーは最初のターンにしか使えないので注意して下さい。

ブラックジャックのサレンダーを使うタイミングは?意味や基本ルールも解説

スイッチ

スイッチ

スイッチは「BLACKJACK SWITCH(ブラックジャックスイッチ)」など、タイトルに「スイッチ」と入ったゲームで使えるアクションです。

ブラックジャックスイッチは、通常のブラックジャックとは異なり、最初に手札が4枚配られ、手持ちが2枚×2組に分かれた状態でスタートする特殊ルールになっています。

「スイッチ」を行うことで、この2組の間でカードを入れ替えることができます。

スイッチを使うタイミング

基本ルールと遊び方

例えば、「10」の数値となるカードと「A(11)」のカードが別々の場所に配られるとします。

図の左のままでは、「16」と「14」と、どちらも微妙な数値になってしまいます。こうした場合にスイッチを使えば、図の右のようにカードを移動させ、強い数値になる事があります。

様々なパターンがあるので、手元のカードが弱いと感じたらスイッチで強くなるかどうか確かめてみましょう。
ただし、スイッチは最初のターンでしか使用できないので注意しましょう。

スーパーマッチ

スーパーマッチ

「スーパーマッチ」も、「スイッチ」同様にブラックジャックスイッチと呼ばれるゲームで使えるアクションです。

ブラックジャックスイッチでは、最初に配られる4枚の手札の中で決まった役が成立すると配当が貰えるという特殊なルールがあります。
これを「スーパーマッチ」といい、通常の勝負とは別に「スーパーマッチ」にベットすることができます。

スーパーマッチの配当倍率

以下の役が揃うと、それぞれの倍率に応じた高配当を得ることができます。

  • ワンペア【配当1倍】
    ワンペア【配当1倍】

    4枚のうち、同じ数字のカードが2枚揃う

  • スリーペア【配当5倍】
    スリーペア【配当5倍】

    4枚のうち、同じ数字のカードが3枚揃う

  • ツーペア【配当8倍】
    ツーペア【配当8倍】

    ワンペアが2つ成立する

  • フォーカード【配当40倍】
    フォーカード【配当40倍】

    4枚全てが同じ数字のカードで揃う

ペアベット(パーフェクトペア)

ペアベット(パーフェクトペア)

ペアベット(パーフェクトペア)ブラックジャッククラシックなどで使えるアクションです。

ペアベットが採用されているゲームは、最初に配られる2枚の手札の数字や色が揃うと配当が貰えるという特殊なルールがあります。
これを「ペア」といい、通常の勝負とは別に「ペア」に賭けるサイドベットが可能です。

ペアベット(パーフェクトペア)の配当倍率

「ペア」の配当倍率は、数字・色・マークがいくつ一致しているかによって以下のように設定されています。

  • 数字のみ一致【配当6倍】
    数字のみ一致【配当6倍】

    数字のみが同じカードが2枚揃う

  • 数字と色が一致【配当12倍】
    数字と色が一致【配当12倍】

    数字と色が同じカードが2枚揃う

  • 全てが一致【配当25倍】
    全てが一致【配当25倍】

    数字・色・マークの全てが同じカードが2枚揃う

ジャックポットベット

ジャックポットベット

ジャックポットベット「PROGRESSIVE BLACKJACK(プログレッシブブラックジャック)」と呼ばれるゲームで使えるアクションです。

通常のベットとは別に、Aのカードを連続で引き続け、揃った枚数に応じて配当が発生する「ジャックポット」にベットすることが可能です。

最高配当はその名の通り「ジャックポット」で、今まで全プレイヤーのベット額から積み立てられたジャックポットが一気に払い戻しされます。

なお、このルールでは1枚目からAを引く必要があります。途中からAを引いた場合は対象にはなりませんので注意しましょう。

ジャックポットの配当倍率

Aの数による配当倍率は、以下のようにジャックポット以外もかなりの高額配当になっています。

  • 1枚目がA【配当5倍】
    1枚目がA【配当5倍】

    1枚目でAを引く

  • Aが2枚【配当50倍】
    Aが2枚【配当50倍】

    1枚目・2枚目でもAを引く(マークは別でもOK)

  • 同種のAが2枚【配当100倍】
    同種のAが2枚【配当100倍】

    1枚目・2枚目で、同じマークのAを引く

  • Aが3枚【配当250倍】
    Aが3枚【配当250倍】

    1枚目から3枚目まで続けてAを引く(マークは別でもOK)

  • Aが4枚【配当2500倍】
    Aが4枚【配当2500倍】

    1枚目から4枚目まで続けてAを引く(マークは別でもOK)

  • 同種のAが3枚【配当5000倍】
    同種のAが3枚【配当5000倍】

    1枚目から3枚目で、同じマークのAを引く

  • 同種のAが4枚【ジャックポット】
    同種のAが4枚【ジャックポット】

    1枚目から4枚目で、同じマークのAを引く

実際は最初の1枚は当たることはあるものの、2枚目以降が当たることはかなり稀です。
とはいえ1枚だけでも5倍もの配当がつくので、ジャックポットという一攫千金を夢を見ながら5倍配当を狙うという遊び方もおすすめです。

入金不要ボーナス・キャンペーン

【ベラジョンカジノ×カジノナビ】年末の大盤振(ベラ)舞!「ミミと魔法の杖」フリースピン4万回山分け

オンラインカジノ入門編

オンラインカジノ実践編

最新の記事

必勝!ゲーム攻略法

カジノ関連情報サイト