ブラックジャックのサレンダーの基本ルールを解説!使うべきタイミングとは

/

ブラックジャックのサレンダーを解説!基本ルール・使うべきタイミングは?

ブラックジャックのサレンダーとは「降参・降伏」という意味で、プレイヤーが自ら負けを認めるアクションです。
勝負をリタイアする代わりに、賭け金の半分が戻ってくるという仕組みです。

サレンダーは最初の2枚のカードが配られた時、ディーラーの手札が強く自分が負ける可能性が高い時に宣言することができます。

この記事ではブラックジャックのサレンダーの基本ルールや、どんな時に使うべきなのかについても詳しく解説します。

担当ライター:シゲ
(管理人/オンカジ歴10年)

ブラックジャックのサレンダーは完全な損失を防ぐことができるのがメリットのひとつですが、サレンダーを選択し続けると当然手元の資金は減っていきますので、使いどころがポイントになります。また、サレンダーはブラックジャックの種類やハウスルールによって採用されている場合とそうでない場合があるので、プレイ前にはルールのチェックが必要です。

1.ブラックジャックのサレンダーの基本的なルール

勝ち目がない時に負けを宣言

サレンダーは最初の2枚のカードがディーラーのアップカード(表向きのカード)より弱く、勝ち目がなさそうだと判断した時に負けを宣言するというアクションです。

サレンダーを宣言した時点でゲーム終了となり、賭け金の半分が没収されます。
言い変えると負けを認める代わりに賭け金の半分を戻してもらう、ということです。

そのままプレイを続行して負けた場合、賭け金は全額没収となりますが、サレンダーを選択すれば完全な損失を防ぐことができます。
やや消極的な戦法かもしれませんが、賭け金をセーブし守りを固めるためのアクションと言えるでしょう。

サレンダーは、最初の2枚のカードが配られた時のみ選択できます。
ヒットやスタンド、ダブルダウンなどほかのアクションを選択した後にサレンダーを宣言することはできないので、注意しましょう。

2.サレンダーの種類

サレンダーは選択できるタイミングによってアーリーサレンダーとレイトサレンダーの2種類があり、どちらが採用されているかはテーブルによって異なります。

ブラックジャックの一般的なルールでは、まず最初のカードが配られたあとディーラーが自分の手札でブラックジャックが成立しているか否かを確認します。

プレイヤーがサレンダーを選択できるのは、ディーラーがブラックジャックを確認する前か後、どちらかとなります。

アーリーサレンダー

アーリーサレンダーは、ディーラーがブラックジャックを確認する前にサレンダーを選択するルールです。

ディーラーのアップカードがAなど、ブラックジャックが成立する可能性が高い場面で有効です。

仮にディーラーが最初の2枚でブラックジャックを成立させていたとしても、勝敗が確定する前に負けを宣言することで、賭け金の半分が確実に戻ってきます。

プレイヤーに有利なルールとなるため採用しているテーブルは少ないですが、もし採用していればうまく活用しましょう。

レイトサレンダー

レイトサレンダーは、ディーラーがブラックジャックかどうかを確認した後にサレンダーを選択するルールです。
ディーラーの手札がブラックジャック以外で、自分の手札が弱い時にサレンダーを宣言することで、賭け金の半分が戻ってきます。

もし最初の2枚でディーラーがブラックジャックを成立させていた場合はその時点でディーラーが勝利となり、サレンダーは選択できない=プレイヤーの負けとなります。

現在ブラックジャックのサレンダーのルールの多くは、レイトサレンダーが採用されています。

3.ブラックジャックのサレンダーを使うべきタイミング

実際のゲームでは、どんな状況の時にサレンダーを使うべきなのかを見ていきましょう。

これまで紹介したように、サレンダーはディーラーと手札を比べてプレイヤーが高確率で負けると予測した時、リスクを減らすために活用します。

しかしサレンダーを選択すると賭け金の半分を失うことになります。
よほど負ける確率が高くない限りあまり使うべきではないため、使いどころを見極めることが重要になります。

よって、自分の手札だけではなくディーラーのアップカードにも注目してサレンダーを選択する必要があります。

サレンダーを選択するタイミングは基本的にプレイヤーのハンドにAがない時となり、主に以下4つの状況が当てはまります。

プレイヤーのハンド ディーラーのアップカード
15 10
16 9
16 10
16 A

その理由について詳しく紹介します。

プレイヤーのハンドが15、16の時

ディーラーがバーストしないと負け

プレイヤーのハンドが15、16は負ける確率が高いとされる数字のため、サレンダーで勝負を降りるという選択肢があります。

ブラックジャックではディーラー側のハンドが17以上になるまでヒットを続け、17以上になった時点でスタンドしプレイヤーと勝負するケースが多く、そのためディーラーのハンドは必然的に17、18、19、20、21、バースト(22以上)の計6パターンのみとなります。

ディーラーに17以下の数字が出ることはないため、プレイヤーのハンドが15、16で勝負して勝つにはディーラーがバーストする以外ないため、サレンダーを選択すると良いでしょう。

ディーラーのアップカードにAがある時

アップカードがAならディーラーに10が出ると負け

10のカード(10、J、Q、K)は最も出現する確率が高いカードのため、もしディーラーのアップカードにAあるとブラックジャックになる確率も高くなります

このような状況の時もプレイヤーが負ける可能性が高いので、サレンダーが有効です。

ベーシックストラテジーでサレンダーを使うべきタイミングがわかる

ブラックジャックにはベーシックストラテジーという基本戦略があり、次に取るべきアクションがチャート(表)にまとめられています。

プレイヤーのハンドとディーラーのアップカードをチャートと照らし合わせることで、より勝てる可能性が高いアクションが分かります

サレンダーの場合、チャートの中で「H」と書いてあるピンク色の部分で使うと良いとされています。

サレンダーを選択

このチャートを見ると、前述で紹介したプレイヤーのハンドが15、16の時やディーラーのアップカードがAの時にサレンダーが有効なことがひと目でわかります。

ベーシックストラテジーはサレンダー以外のさまざまなアクションを使う時にも活用できるので、ぜひ実践で使って慣れていきましょう。

ブラックジャックのベーシックストラテジーチャートの見方や種類を解説

4.まとめ

ブラックジャックのサレンダーは最初の2枚のカードが配られた時、プレイヤーが負ける可能性が高い場合に選択できるアクションです。

自ら負けを認める代わりに賭け金の半分が戻ってくるため、うまく使いこなせればと損失を抑え次のゲームで負けた分を取り戻せる可能性もあります。

サレンダーは闇雲に使っても意味はありません。
勝てる確率の高い戦略がまとめられたベーシックストラテジーを活用して、使いどころを抑えておくのが勝利へのカギとなるでしょう。

入金不要ボーナス・キャンペーン

【ベラジョンカジノ×カジノナビ】年末の大盤振(ベラ)舞!「ミミと魔法の杖」フリースピン4万回山分け

オンラインカジノ入門編

オンラインカジノ実践編

最新の記事

必勝!ゲーム攻略法

カジノ関連情報サイト