ベラジョンカジノの運営会社情報を徹底解説!ライセンスの安全性も

ベラジョンカジノの運営会社情報まとめ 安全性・ライセンス・買収の真偽は?

この記事はこんな人におすすめ
  • ベラジョンカジノの運営会社について詳しく知りたい
  • ベラジョンカジノの運営は怪しくないかどうか気になる

オンラインカジノ業界の中でも、日本人プレイヤー人気No.1と言われているベラジョンカジノ。
いくら人気が高いとは言っても、「本当に怪しいサイトではないのか」「運営上の問題はないのか」などが気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ベラジョンカジノの運営会社に関する情報を詳しく紹介します。
運営会社・ライセンスの安全性についても解説しているので、ベラジョンカジノの危険性が気になる方は参考にしてください。

担当ライター:シゲ
(管理人/オンカジ歴10年)

オンラインカジノで遊ぶなら、健全な運営をしているサイトを選びたいですよね。記事内ではベラジョンの運営情報に関する詳細のほか、「ベラジョンの運営会社が買収された」というニュースにも触れています。運営の安全性をチェックするためにもぜひご一読ください!

この記事を読むと分かること
  • ベラジョンカジノの運営企業はオランダ領キュラソー島に拠点を置いている
  • 2020年に運営会社・ライセンスを変更したことでサービス向上に繋がった
  • 2021年、運営会社がラスベガスの大手企業と合併している

ベラジョンカジノの運営会社は「Breckenridge Curacao B.V.」

ベラジョンカジノは、「Breckenridge Curacao B.V.」という企業によって運営されています。
詳しい運営会社情報は以下のとおりです。

運営会社 Breckenridge Curacao B.V.
商業登記番号 149132
登録住所 39 Scharlooweg, Willemstad, Curaçao
会社形態 有限責任会社

運営会社所在地はオランダ領キュラソー島

運営会社はオランダ領キュラソー島に在籍

ベラジョンカジノを運営するBreckenridge Curacao B.V.は、カジノが合法化されているオランダ領キュラソー島に拠点を置いています。
さらに、ベラジョンカジノはキュラソー政府発行の公的ライセンスを取得しているため、合法的に運営されていることがわかります。

以前の運営会社は「Dumarca Gaming Ltd.」だった

ベラジョンカジノが設立された2011年~2019年までは、「Dumarca Gaming Ltd.」という会社によって運営されていました。
当時はマルタ共和国に所在しており、マルタのMGAライセンスを取得していました。
マルタライセンスは、オンラインカジノのライセンスの中でも特に取得難易度が高く、信頼性の高いライセンスとして知られています。

その後2020年1月14日に、運営会社を現在の「Breckenridge Curacao B.V.」に変更。同時にライセンスもキュラソーライセンスに移行しました。

運営会社変更の理由

以前の運営会社「Dumarca Gaming Ltd.」は、イギリス・ロンドンの上場企業Gamesysグループの傘下にありました。
一方で現在の運営会社「Breckenridge Curacao B.V.」は、Gamesysグループのパートナー企業という位置づけです。
ベラジョンカジノや、姉妹カジノであるインターカジノが順調に利益を上げ、親会社から独立できる規模まで成長したことにより、運営企業を変更する運びとなったようです。

ライセンス変更の理由

ベラジョンカジノが運営会社と同時にライセンスも変更したことで、「マルタライセンスを維持できない問題が発生したのでは?」と信頼性を懸念する声もありました。

しかしライセンス変更の理由は、マルタライセンスの審査基準をクリアできないからではなく、「サービス強化のため」です。
ベラジョンカジノでは運営会社・ライセンス変更を機に、サイトスピードの向上や仮想通貨の導入、日本人プレイヤー向けサービスを充実させるなどの対応を行いました。
マルタライセンスは審査が厳しいが故に、提供できるサービスに制限が多いというデメリットがありましたが、キュラソーライセンスに変更したことでサービス改善に繋がっています。

ライセンスの信頼性はマルタライセンスには劣るものの、プレイヤーの利便性は向上していると言えるでしょう。

2021年 ベラジョンカジノの運営会社が買収に合意

大手企業Bally’s社がベラジョンの運営会社を買収!

2021年、ラスベガスの大手企業「Bally’s Corporation」が、ベラジョンカジノの運営会社を買収したというニュースが発表されました。
正確にはGamesysグループが買収を受けたのですが、パートナー企業であるベラジョンカジノの運営会社も、Bally’s Corporationの傘下に入った形となります。

Gamesysグループは買収に合意し、2021年10月に合併が完了しました。

ベラジョンカジノの運営会社を買収したBally’s Corporation社とは

Gamesysグループを買収したBally’s Corporation社は、ラスベガスのカジノホテル「Bally’s(バリーズ)」を運営する大企業です。
Bally’sはラスベガスの中心地・ストリップ地区にある有名ホテルですので、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

Bally’s Corporation社はM&Aを積極的に行っており、ファンタジースポーツ運営会社の「Monkey Knife Fight (MKF)社」も買収しています。
M&Aにより、カジノ・スポーツを含むオンラインゲーミング業界に参入し、さらなる発展を目指して成長を続けている企業です。

運営会社買収によるベラジョンカジノの危険性は?

ベラジョンカジノの運営会社が買収されたと聞くと、今後安心して遊べるのかどうか不安に思う方もいるかもしれません。
実際は、Bally’s Corporation社との合併はベラジョンカジノにとってもメリットが大きく、買収による危険性は限りなく少ないと言えます。

Bally’s Corporation社は大手カジノホテルを運営する企業ですので、カジノ運営に関する優秀なノウハウを持っています。
これまでに蓄積してきたノウハウを用いて、ベラジョンカジノのさらなるサービス向上にも期待できるでしょう。

まとめ

ベラジョンカジノの運営会社情報は以下のとおりです。

運営会社 Breckenridge Curacao B.V.
商業登記番号 149132
登録住所 39 Scharlooweg, Willemstad, Curaçao
会社形態 有限責任会社
オーナー企業 Bally’s Corporation

ベラジョンカジノを運営するBreckenridge Curacao B.V.は、カジノが合法化されているオランダ領キュラソー島に拠点を置いています。
キュラソー政府公認のライセンスも取得しており、健全な運営をしている企業だと言えるでしょう。

ベラジョンカジノの運営会社は2021年、ランドカジノ運営大手のBally’s Corporation社に買収されましたが、合併による利便性低下などはありません。
ランドカジノ運営とオンラインカジノ運営のノウハウを掛け合わせることで、ベラジョンカジノはさらなる発展を続けていくと考えられます。

ベラジョンカジノの運営会社に関する
よくある質問

ベラジョンカジノは違法じゃないの?

カジノ合法国のライセンスを取得しているため、運営に違法性はありません。

ベラジョンカジノは、カジノ合法国であるオランダ・キュラソー島で運営されています。
キュラソー政府公認のライセンスも取得しており、運営に違法性はありません。

ベラジョンカジノ

入金不要ボーナス$40がもらえる!

ベラジョンカジノ

当サイトからベラジョンカジノに登録すると、通常ゴールデンチケットのフリースピン50回が入金不要ボーナスが$40にアップします。お試しで遊んでみたいという方は、無料でもらえる入金不要ボーナスが便利です。

ベラジョンカジノのボーナス情報はこちら

カテゴリ「ベラジョンカジノ」の最新記事

入金不要ボーナス・キャンペーン

【ベラジョンカジノ×カジノナビ】年末の大盤振(ベラ)舞!「ミミと魔法の杖」フリースピン4万回山分け

ブログカテゴリ

最新の記事

オンラインカジノ入門編

オンラインカジノ実践編

必勝!ゲーム攻略法

カジノ関連情報サイト