IR基本方針案、公表は11月予定と国土交通省より正式発表!

IR基本方針案、公表は11月予定と国土交通省より正式発表!

8月5日、国土交通省からIRの基本方針の決定・策定スケジュールが発表されました。
基本方針は早ければ2019年11月に案を公表、2020年3月までに基本方針を決定させるスケジュールを予定して作業を進めていると明かしました。

詳細な内容は公表されていませんが、『IR実施法と施行令』に定められたカジノ運営における施設に対しての約款を補足するものになるそうです。
また、IR実現を考えている自治体に向けての規則の明記やカジノ運営ライセンスについて明かされるとみられています。

国土交通省が新聞社を通して行った報道によると11月頃に『基本方針案』を公表し、国民から広く意見を求めるパブリックコメントを実施した上で本格的な決定に向けて調節を行っていく予定となっています。
カジノ運営において秩序の維持や安全性の確保を目指す『カジノ管理委員会』などの意見も経て、翌年3月末までに基本方針を策定するとしています。

基本方針公後に参加を判断する自治体も。誘致レースにも変化が?

基本方針が発表されてから誘致の判断を行うと明言している自治体もあり、公表後に誘致レースが大きく動き出すのではないかと予想されています。
誘致レースに参加するのかの判断を基本方針後に決定するとしている横浜市や北海道が参加を表明する可能性も。

すでに参加を表明している大阪府などの自治体も、基本方針発表後に早急に実施方針の策定に向けて取りかかっていく姿勢を示しています。

基本方針公表後に誘致の判断を行う自治体の動向

  • 横浜市
    山下ふ頭のIR再開発において賛成派の『横浜商工会議所』からは判断を求める要請書。反対派の藤木幸夫氏が率いる『横浜港ハーバーリゾート協会』等からは断念する要請書を受け取った横浜市。
    市民に向けて行われた世論調査や市民説明会では反対の意見が多く、現在誘致レースへの参加は『白紙』
    林文子市長は「基本方針が決定していないと判断できない。政府が正式な基本方針と決定してから判断する」とコメント。
  • 北海道
    誘致の決定は道民目線で慎重に検討していく姿勢。北海道苫小牧への誘致に関する道庁HPでのアンケート・世論調査では反対派が65%以上。最終判断は慎重に行い、2020年に判断予定。
    北海道に支店を置くハードロック・インターナショナルの会長は「ぜひ苫小牧で日本事業を展開したい。北海道は早く決断を」と発言。海外事業者からの関心が高い。

参加を表明している自治体の動向

  • 大阪府
    大阪湾の夢洲で大阪・関西万博前のIR開業を目指してIR誘致に表明
    すでに事業者募集などにも着手。基本方針公表後に早急に自治体としての方針を決めていくとしている。
  • 和歌山県
    和歌山マリーナシティを候補地として誘致に表明。大阪とコンセプトの異なるIRで相乗効果を目指す。
    大阪を追走する形で事業者募集や選定を行う動き。基本方針を踏まえて有識者会議で意見を聞き和歌山県らしいIR構想を定めていく。
  • 長崎県
    長崎県佐世保市のハウステンボスの敷地内にIRリゾートを誘致する構想をしている長崎県。ハウステンボスは事業者としての参加はしないが土地の提供は行うと表明。
    九州商工会議所連合会・九州知事会等も長崎IRを推進。基本方針公表後に佐世保市IR構想を修正し、最終決定を目指す。

基本方針の内容も気になりますが、誘致レースに対する自治体の動向にも注目していきたいですね。IRリゾートの実現が一気に現実的になっていきそうです。

日本カジノ研究所 注目の記事

カジノ法案メニュー

カジノ法案最新ニュース