横浜IR応募事業者2者の提案内容を展示 反対派からは批判の声も

最終更新日:

横浜IR 応募2者の提案内容を展示 「選挙利用」との批判も

横浜市では7月27日より、横浜市役所2階のプレゼンテーションスペースにてIR事業応募事業者2者によるIR施設模型やイメージ動画、外観パースなどを展示しています。
期間は8月7日まで、展示場所は無料開放されており、誰でも見ることができます。

コンセプトを模型やパネルで再現 それぞれの提案事業者は非公開

2者それぞれが提示するコンセプトは、「ベイシティ横浜」と「SPARK横浜」。

「ベイシティ横浜」では「世界一美しく輝くハーバーリゾート」を提案しており、波を思わせるような曲線が印象的な建物を中央に配置。
ホテルやモール、カジノなどが入る予定となっていますが、それ以外にも展示場やアート&デザインミュージアム、ウォーターパークなどの整備も計画されています。

一方「SPARK横浜」は「横浜の、輝く未来をつくりたい。」をコピーに掲げ、Y字型に配置された3棟の建物からなるホテル棟をメインとしています。
鏡面のようになっており空や海を映し出す外観が特徴ですが、こちらのコンセプト案では横浜の海を活かした巨大水中アートを備えた体験施設や、海中にいるような気分を味わえる巨大水槽、展示会場なども建設予定となっています。

横浜IR提案審査には、ゲンティン・シンガポールを代表とするコンソーシアムともう1者(事業者名非公表)が応募していますが、現在提案内容の審査中であることからそれぞれの展示内容に事業者名は明記されていません。

横浜IR企画展示について詳しくはこちら

反対派からは「選挙利用」との批判も 市長選候補は反対派が過半数

この展示をめぐっては、8月8日に行われる横浜市長選告示直前の開催となったことから、反対派の市民や陣営からは「一方からみた政策をアピールしている、選挙利用ではないか」といった批判の声が上がりました。
これに対し、横浜市の担当者は「本年度から準備を始め、急いで準備した結果、今になった」と選挙とは無関係であることを説明しています。

IR誘致が争点となる横浜市長選では、反対の立場から出馬を表明していた動物愛護団体代表の藤村晃子氏が7月27日に立候補を撤回。
理由については「反対票が割れてしまうのを食い止めるため」と話しており、今後は市議の太田正孝氏を支援する方針です。

7月20日に新たに立候補を表明した参議院議員の松沢成文氏もIR誘致反対の姿勢を示しており、現在は候補者9名中7名が反対派となっています。

横浜市長選は8月22日投開票ですが、中立から賛成派となった福田峰之氏の当選か、現職の林文子氏が再選を果たさない限り、横浜IR実現は困難であるといえるでしょう。

関連記事 横浜市長選へIR推進派の林文子現市長が出馬 候補者は過去最多9名に
横浜市長選へIR推進派の林文子現市長が出馬 候補者は過去最多9名に
7月15日、横浜市の現職市長である林文子氏が、8月の横浜市長選へ出馬することを明らかにしました。IR誘致については引き続き推進する方針で、4期目の当選を目指します。

日本カジノ研究所 注目の記事

カジノ法案メニュー

カジノ法案最新ニュース