世界のカジノ最新ニュース
2020年5月28日

【新型コロナ影響】韓国カジノ営業再開を中止・ラスベガスは6/4再開を検討

【新型コロナ影響】韓国カジノ営業再開を中止・ラスベガスは6/4再開を検討

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、3カ月間施設の営業を停止していた韓国・江原ランドは、5月28日から試験的な営業再開を予定していましたが、感染者急増のため中止することが発表されました。

一方、アメリカ・ラスベガスではカジノ産業を6月4日から再開する目標を発表しました。

韓国:新型コロナ感染者急増により営業再開予定が急遽中止

韓国で国民が利用することができる唯一のカジノ・江原ランドでは、5月8日からソーシャルディスタンス確保したうえでVIPフロアのみ営業が再開されていますが、他フロアは引き続き閉鎖中です。

韓国では徐々に収束の兆しが見られたため、5月28日よりゲーミングフロアの一部を再開予定でしたが、突如国内の新規感染者が急増したことにより、前日27日に急遽中止が発表されました。

5月19日の時点では、同社は「ゲーミングフロアの試験的な再開計画」を韓国取引所に報告しており、これはゲーミングフロアの営業再開時、

  1. 営業時間を18時間から20時間に拡大
  2. テーブル数を160台から180台に増設

という対策を行ったうえでオープンするというものでした。

韓国でのコロナ新規感染者は79人。
首都圏を中心に倍増し、過去50日以上で最大の増加が見られています。
感染者数は合計11,344人、死者数は269人にのぼります(2020年5月28日現在)。

現状、2020年1-3月期の売上低下率は37.5%、そして1,561.2憶ウォン(約136億円)の損失が出ています。
売上回復のため早期の営業再開が望まれていますが、国の当局からの助言に基づき試験的なオープンについては再検討される運びとなりました。

ラスベガス:6月4日から再開を目標

アメリカ・ネバダ州のスティーブ・シソラック知事は閉鎖のカジノ産業を6月4日からの営業再開を目指すことを発表しました。

ラスベガスでは、新型コロナウイルスの感染拡大対策として3月からカジノを閉鎖していましたが、5月26日カジノ産業管理団体は会合を開き、営業再開に向けた方策を協議すると説明しました。
その結果を踏まえて営業再開が妥当であるか、今後の再開計画が決まります。

韓国のカジノ再開が延長する一方、ラスベガスが属するネバダ州は営業再開の目標を掲げていますが、人口100万人あたりの感染者数で見ると、その数は韓国と比べて極端に少ないとは言えません。

感染者数合計(2020年5月28日現在)

感染確認済み 死者数
韓国 11,344 269
ネバダ州 7,696 392

人口100万人あたりの感染者数(2020年5月28日現在)

感染確認済み 死者数
韓国 222 5
ネバダ州 2,826 144

ネバダ州では、4月の失業率が28.2%と前月比4倍まで跳ね上がり、全米で最悪の水準を示しています。
また全米の雇用者数は3月から4月にかけて2,050万人減少し、失業率は高まる一方。第二次世界大戦後最大の落ち込みとなっています。

逸失利益や事業の損失が高まり、雇用者の削減など経済面での紛糾が相次ぐ各国。
カジノ産業も早期再開が求められていますが、感染の第二波・第三波を加味した慎重な計画が必要となるでしょう。